こういうことを考える人もいるわけですね

一般的に知られているサクラほどに凶悪、と言い切ることはできないかもしれませんが、サクラとはまた別の出逢い系サイトの脅威には、ネカマというものがあります。
ネカマとは、インターネット上の匿名性を悪用して、男性が女性に成りすまし、真剣に出逢いを求めて出逢い系サイトを利用している男性をからかって遊ぶ、
けっこう性質の悪い存在のことを指します。
ネカマには、金目当ての悪質なものと、単なる野次馬的存在のものがあるのですが、例えば恵まれない女性のフリをして男性に近づき、
お金だけをだまし取ろうとするようなネカマであれば、まだその存在が分かりやすいのです。
問題は、特に悪質な行動を取らず、単純に男性をからかって遊ぶだけというタイプのサクラです。
このタイプのサクラは、メールのやり取りをしていても、正体を見破るのが非常に難しいので、ある意味とても厄介な存在だと言えます。
野次馬タイプのネカマに一度騙されてしまうと、とにかく膨大な時間をむだにすることになってしまいます。
そもそもこのネカマというのは出逢い系サイトが創設され始めたころからネット上に潜んでいたわけですが、「いくら仲良くメールのやり取りをしていても、
一向に出会ってくれない謎の女性がいる」ということが、
だんだんと出逢い系サイト仲間の間で話題になり始めて、
それがネカマとして発覚したのだというふうに言われています。
インターネット上のやり取りにおいては、お互いの顔が見えないわけですから、こういうことを考える人もいるわけですね。
くれぐれも時間の無駄使いをしないようにしてください。
たまに、女性が男性のフリをしてサイト上でメールのやり取りをすることもあるようですが、そっちはまだ許せますよね。
事実が発覚するまでは、同じようにもどかしい思いをすることがあるかもしれませんが。

グッと上昇するのです

出逢い系サイトで女性にメールを送っても、そう簡単には返信はもらえません。
女性は男性から何十通もメールを受け取っているので、少なくとも倍率10倍以上の難関を突破しなければならないのです。
その倍率を突破するための重要な鍵となるのが、やはりメールの内容です。メールの内容でどれだけ女性の関心を惹けるかで、ほぼ勝負が決まると言ってもいいでしょう。
ただ、いくらメールの内容が充実していたとしても、女性の好みとは違う場合もあるので、まずは女性のプロフィールを見て、女性の情報を仕入れます。
特に趣味に関しては、しっかりと把握しておきましょう。
そして、仕入れた情報も元にして、女性が興味を持つようなメールを書きましょう。
1番いいのは、女性と共通の趣味があれば、その話題について書くのが、最も女性の興味を惹きつけると思います。
ただ、もし共通の趣味がなかったとしても、趣味の話題については必ず触れるようにしましょう。それだけでも、女性の好感度は、グッと上昇するのです。
あとは、女性の住んでいる地域のことだったり、女性の職業などについても触れてあげて、とにかく女性を第一に考えたメールを書くようにしましょう。
それで返信がもらえなかったら、縁が無かったんだと切り替えましょう。
失敗するのが当たり前なので、めげずに何度もでもチャレンジしましょう。

出したメールも読んでもらいやすいんです


大手の出逢い系サイトは会員数も多くて、機能も充実していて魅力的ですが、競争率が高くなってしまうのが難点です。
もう少し出逢いのハードルが低いといいのに、なんて思ってた頃が私にもありました。
実はそんな少し出逢いやすい出逢い系サイトを見つけたのですが、できれば教えたくありません。
ですが、なかなか出逢い系サイトで出会えないと言った方にだけ特別に教えちゃおうかなと思います。
あんまり出し惜しみしちゃうと、今度は種明かしのハードルがあがっちゃいますから、サラッといっちゃいましょう。
どんなサイトを選べばいいのかといいますと、ちょっと前に新しくできた出逢い系サイトです。できたてではありません。
頃合いをお伝えするのは難しいのですが、少し運営がこなれてきた感じと申しましょうか。
そういった出逢い系サイトは会員が増える時は新しい人がどんどん入って来た時ですし、増えたといっても大手のように多すぎではないので、
出したメールも読んでもらいやすいんです。ですから返信も期待できます。
そのままとんとん拍子で事が運ぶ可能性だってあります。
そして、成長途中にある出逢い系サイトは、新しい機能が追加されたり、入ってきた会員を逃さないためにイベントを開催したりと利用者を楽しませてくれるので、
普通に利用していても楽しいんじゃないかなと思います。
大手の安心感も捨て難いなら、これから大手になっていくかもしれない頃合いの良い出逢い系サイトを見つければいいんです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ